<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ポラリエ予行演習

実戦の前に予行演習。一番お気楽でチープな撮影スタイルです。NEX-C3を載せています。星景写真を短時間露出でちょこっとガイド撮影したい。そういう時は自由雲台がお手軽。赤緯体の位置は適当でかまいません。構図決めは自由雲台で行います。ウェイトはほんの少し伸ばすだけでバランスはとれます。ポラリエならこれくらいは楽勝のはず。

f28-70mmの標準ズームを載せました。仰角が大きくなるにつれ自由雲台は不自由になり、構図決めが困難になります。このレンズはずっしりと重く、この角度で星野写真を撮ろうとするとレボルビング装置が不可欠になります。

f70-200mmの望遠ズームを載せました。中望遠のf100-135mmで4〜5分ノータッチガイドできれば御の字かなと期待しています。

最後は規格外?のf300mm。このレンズは単焦点なので望遠ズームよりは負荷は小さいと予想していました。しかし、ファインダーを付けたらモーメントが加わり、ウェイトは目いっぱい伸ばしてやっとバランスが取れました。さすがにこれだけ伸ばすとたわみが大きく、パノラマ雲台のわずかな遊びがウェイトの先端では大きく増幅されます。風には弱いでしょう。

赤緯体のベースは6mm厚のアルミフラットバーにしました。組み合わせてみるとやや剛性が不足しているように感じます。8〜10个鷲要だったかもしれません。実際に使用してみて様子を見ようかと思います。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。


全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links