<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Vixen SDレデューサーHDキット

指が動いてしまった..

発表の時から気になっていたビクセンのSDレデューサーHDキット。性能は良さそうですが、少々お高いのでずっと思い切れないでいました。1年ほどケンコーのACクローズアップレンズを使った自作レデューサーで凌いできました。しかし、今ひとつクオリティ不足。越境移動解禁の報を聞いたら、指の動きを止めることができませんでした。2か月間夜遊びを自粛した自分へのご褒美としましょう。

キットとは別にカメラと接続するために直焦ワイドアダプター60DXも購入。しめて定価ベースで72,000円。やっぱ高えよ!

フラットナーだけを使う状態。EXチューブをドローチューブにねじ込みます。フラットナーとスペーサーリングはドローチューブの中に収まります。フラットナーの倍率は1.03倍。ED81Sではf644mm、F7.9になります。

フラットナーとレデューサーを使った場合。EXチューブの代わりにレデューサーを挟みます。この時はレデューサーをドローチューブにねじ込みます。フラットナーとスペーサーリングは同じくドローチューブの中。こちらはf496mm、F6.1になります。

カメラの接続と回転機構を備えた直焦ワイドアダプター。カタログの写真を見た時、どうして6本もネジが必要なのか理解できませんでした。3本で十分なはず。実際、取り付けてみてわかりました。ネジとカメラのストロボヘッドが干渉します。カメラを取り付ける時や回転させる時に1本あるいは2本が干渉するので、いったんネジを抜かないといけません。これは面倒。暗闇でネジを取り外すのは紛失することは必至です。もう少し何とかならなかったものでしょうか。

まだ撮影はできていません。明日の部分日食もありますが、日食ではあまり効果がわからないでしょう。この新月期になんとか撮りたいなと思っています。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。


全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links