<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

イリジウム55とISS

一昨夜の大月での人工天体です。45Pの撮影とブッキングしていたので、ドジらないよう慎重に撮影しました。最近は2つのことを同時にやろうとすると高い確率でしくじります。北東の空、ペルセウス座の中でイリジウム55のフレアが見られました。よく見ると明るさのピークが2つあります。すぐ下には比較的明るい人工天体が写っていますが特定できませんでした。その他の点滅している光跡はすべて飛行機です。

2016.12.17 17:56-18:10
EOS 7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM / f15mm F3.5 20Sx36 / iso1600 / 大月エコの里

機材を片付けながらISSのパスを待ちました。北西の空、こと座の北を地平から上昇してきます。しかしこの日のパスは仰角20度ですぐに地球の影に入りました。ちょこっと顔を見せただけです。夏の天の川が名残惜しく傾いています。

2016.12.17 18:39
EOS 7D / EF 20mm F2.8 USM / F3.5 40Sx2 / iso1600 / 大月エコの里

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
こんにちは。
彗星や人工天体の撮影には特に機動性や柔軟性が大切ですよね。
私も複数の同時処理はミスをすることが多くなっています。
しかも事前に考えていた以外のことをやるのも駄目になってきています(涙)。
やまねももんがさんも同じですか。
歳は取りたくないですね..と言っても取ったものは仕方なし。
返したくてもだれも受け取ってくれません。くそっ。
  • 2016/12/19 13:39
  • | てらおよしのぶ |
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links