<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

FUJIFILM X-A5 作例 - 望遠レンズ

レンズアダプターを介した望遠レンズの作例です。まずは望遠ズーム。げっ、酷い片ボケ!
いつもはF4.0に絞って使っているので気になりませんでした。F2.8開放だと破滅的な星像です。アダプターを介すると開放でしか撮れません。望遠ズームはこのカメラでは使えないということになるのでしょうか。こりゃ困った!

それはさておき赤の発色は健闘していると言ってよいでしょう。下に改造カメラで撮った画像を並べました。改造カメラほど真っ赤に発色はしませんが、落ち着いたピンク色が好ましいと思われるかもしれません。淡い部分もかなり写っています。焦点距離の情報は得られないので適当です。

2018.03.11 22:10
FUJIFILM X-A5 / EF 70-200mm F2.8L IS II USM / f160mm F2.8 180Sx10 ISO1600 / JILVA-170 / 静岡県朝霧アリーナ

2018.02.13 22:20
EOS Kiss X7i SEO-SP4 / EF 70-200mm F2.8L IS II USM / f160mm F4.0 120Sx20 ISO3200 / JILVA-170 / 静岡県朝霧アリーナ

赤い領域が低空になってしまったので、f300mmでは銀河を撮ってみました。おおくま座のM81、M82です。これはなかなか良い発色ですね。普通に写ります。

2018.03.11 23:54
FUJIFILM X-A5 / EF 300mm F4L USM / F4.0 180Sx15 ISO3200 / JILVA-170 / 静岡県朝霧アリーナ

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
古い記事にすみません。fujifilmの「X-M1」から「X-A5」に買い替えしようと検討しております。天体写真と演奏動画(マイク端子あり)の兼用できる気軽な機材を捜しています。A5の発色は良さそうですね。レンズの方ボケが残念です。
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links