<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

NGC6543 キャッツアイ星雲

富士見高原スキー場の駐車場の照明がなかなか落ちないので野辺山に移動しました。30分のロス。りゅう座のキャッツアイ星雲が撮り頃になっていました。ステラナビゲータの情報によると光度9.0等、視直径はなんと5.8'。これは撮りがいがあると期待が膨らみます。しかし撮ってみると芥子粒みたい。スカイサファリで確認したら光度8.1等、視直径0.4x0.3'となっています。どういうこと?。写り具合からするとスカイサファリのデータの方が近いようです。小さい割に明るいので露出はあまり必要ありません。感度を落とし、SSを短くし、合成カット数も減らしました。今回も等倍切り出しですが、あまりに小さいので300%に拡大した画像を添付しておきました。かなり眠そうなキャッツアイです。

2018.05.10 23:39
FUJIFILM X-A5 / ED81S + EXTENDER EF2X / f1250mm F15.4 15Sx20 iso2000 / JILVA-170 / 長野県富士見高原

その後、調べてみると最近の撮影技術の向上によって、周りに大きくハローが拡がっていることが判明しています。ステラナビゲータの視直径5.8'というのはハローも含めた大きさであれば辻褄が合います。ハローを写すならもっと明るい光学系が必要でしょう。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links