<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

八ヶ岳山麓でぐるぐる

せっかく撮ったので投稿しておきます。1時間足らずのぐるぐる。相変わらず大火球は飛び込んできません。中央の火事のように見えるのは清里のスキー場。冬季約5か月間にわたって一晩中照明が点灯しています。かなり広い範囲に赤いカブリが広がっています。冬の清里・野辺山高原は天体撮影には適しません。

2020.01.31 23:00-23:57
CANON EOS Kiss X9 / SAMYANG 16mm F2.0 ED AS UMC CS / F2.8 120Sx28 ISO400 / 山梨県北杜市

八ヶ岳がもっと良く見える場所に移動して撮影しました。3時間の放ったらかし撮影です。ちょっと軌跡がうるさいですね。長時間露出すれば良いっちゅうもんじゃありません。

2020.02.01 01:53-04:59
CANON EOS Kiss X9 / SAMYANG 16mm F2.0 ED AS UMC CS / F2.8 120Sx92 ISO800 / 山梨県北杜市

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
こんにちは。
3時間露光は見ごたえあります。中々出来ないことです。
スキー場では10時以降は明かりを落としてほしいですね。
深夜でも滑る人がいるのでしょうか。
ヤマボウシさん
日周運動は放ったらかしで良いのですが、3時間わずかな雲にも邪魔されないのはなかなかありません。スキー場には以前、営業が終わったら照明を落として欲しいと要望を出しました。営業後はコース整備をするので安全のために照明は落とせないと体よく断られました。しかし、スキー場で星見の有料イベントをする時だけは消灯します。ジコチュウの極みです。
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links