<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

北斗七星

APS-Cのf30mmでは北斗七星が程良い大きさで収まります。肉眼ではよくわかりませんが七星のうちαだけが黄色っぽいことがわかります。最近はやたらド派手に色彩を強調した写真が好まれる傾向があります。私にはこれくらいで十分です。この写真もソフトフィルターなしとありの画像を比較明合成しました。

2020.02.01 03:27
CANON EOS Kiss X7i SEO-SP4 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM + LEE SOFT#1 / F5.6 180Sx5 ISO3200 / 山梨県北杜市
※フィルターなしの180Sx5の画像を比較明合成。

δ星付近を等倍で切り出しました。左がソフトフィルターありとなしの画像を比較明合成したもの、右はフィルターありだけの画像です。微光星までシャープに写っている方が好きな人、微光星まで写り過ぎているのはうるさいと感じる人、人の好みはそれぞれです。私は貧乏性なので前者です。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links