<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3/17宵 アトラス彗星、急増光

2日前に近日点を通過したばかりのアトラス彗星が明るくなっているという情報が入りました。北西の低空が暗くて見通せるところはガリバーしかありません。予想は的中。ガリバーは標高が高くちょうど北西は山並みが切れています。薄明が始まる前に撮ることができました。仰角はわずか8度足らず。鏡筒はほとんど水平を向いています。アンドロメダ座αに近かったので導入は比較的容易でした。時間がなかったため中央に配置する余裕はありませんでした。この低空で写るということはかなり明るいということでしょう。

Atlas (C/2019 Y1)

2020.03.17 19:09
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + Kenko AC CLOSE-UP No.4 / f511mm F6.3 15Sx11 ISO12800 / JILVA-170 / 山梨県富士ヶ嶺

続いて慌ただしくカシオペア座のパンスターズ彗星を撮影。夕空の高度が低くなってきています。春霞に街の明かりが散乱して露出をかけられません。それでも3週間前より明るくなったのがわかります。尾もはっきりしてきました。近日点通過はまだ先なので、ひょっとしたらもっと面白くなるかもしれません。

Panstarrs (C/2017 T2)

2020.03.17 19:26
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + Kenko AC CLOSE-UP No.4 / f511mm F6.3 25Sx25 ISO12800 / JILVA-170 / 山梨県富士ヶ嶺

あら、いない?
パンスターズ彗星のちょっと上のきりん座にいる岩本彗星、円内にあるはずですが写っていません。カメラのモニタでは確認できず、帰宅してPCで処理したら浮かび上がってくるだろうと思っていました。どうやら急激に暗くなったようです。この彗星の追跡は終了です。

Iwamoto (C/2020 A2)

2020.03.17 19:52
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + Kenko AC CLOSE-UP No.4 / f511mm F6.3 15Sx15 ISO12800 / JILVA-170 / 山梨県富士ヶ嶺

3彗星を一気に撮った後は期待のアトラス彗星を残すのみ。時間に余裕があったのでPoleMasterで極軸合わせをしました。ソフトの案内に導かれるままに進めるとあっという間に完了。本当に5分もあれば終わります。さて実力のほどはいかに。

もう一つのアトラス彗星、3週間前と比べると驚くべき成長です。核ははっきりしてコマは大きく尾も見えてきました。明るさは10等前後でしょうか。この頃から強風が吹き始め30コマ撮りましたが、使いものになったのは6コマだけ。一応、彗星中心のコンポジットにしています。この後、雲が広がりM81/M82とのコラボは撮れませんでした。

Atlas (C/2019 Y4)

2020.03.17 21:50
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + Kenko AC CLOSE-UP No.4 / f511mm F6.3 60Sx6 ISO12800 / JILVA-170 / 山梨県富士ヶ嶺

結局、PoleMasterで極軸合わせをしてから撮れたのはアトラス彗星だけでした。撮った後、カメラの液晶モニタで拡大して1コマずつ確認。いままではたいていコマごとに画像が少しずつずれていき、がっかりしたものです。ところが今回はほとんどずれることなく動きません。これには感動しました。かなり使えるような気がします。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links