<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3/25宵 アトラス彗星

昨夜は酷い空でした。春霞が酷く肉眼で3等星くらいしか見えません。しかもGPV予報では夜半前から明け方まで雲が広がる予報。気圧配置から見て雲が広がるとは思えなかったのですが、予報通り22時頃から薄雲が広がってきました。なんでこんな時だけ当たるんだ!

ジルバをいじめてみました。鏡筒にエクステンダーを付けてf825mmの2分露出。ノータッチガイドとしては過酷な条件です。14カットの内、星像がほぼ真円だったものが11カット、1.1〜1.3倍に伸びたものが3カット。この程度だと全カット使用できます。恐るべしJILVAの追尾精度。PoleMasterのおかげで潜在能力が引き出されました。

彗星の明るさはM82に近づいたように感じました。ただし、拡散した彗星と細長くて集光の強い銀河との比較はあまり正確ではありません。露出の途中に薄雲が通過したカットもありましたが、かまわずコンポジットしました。

Atlas (C/2019 Y4)

2020.03.25 21:56
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + EXTENDER EF1.4X III / f875mm F10.8 120Sx14 ISO12800 / JILVA-170 / 山梨県北杜市

こちらはいつもの自作レデューサーを使った撮影です。PoleMaster導入で歩留り良く撮れることが分かったので、感度をISO6400に落として撮影しました。ISO12800/1分露出/20カットとISO6400/2分露出/10カットのコンポジットではISO6400の方が好結果が得られるようです。

Atlas (C/2019 Y4)

2020.03.25 21:04
CANON EOS Kiss X8i HKIR / ED81S + Kenko AC CLOSE-UP No.4 / f511mm F6.3 120Sx14 ISO6400 / JILVA-170 / 山梨県北杜市

ポラリエもいじめてみました。f300mmで2分の露出です。13カット撮った内、星像が真円だったもの11カット、1.2倍と1.5倍に伸びたものがそれぞれ1カット。ポラリエの潜在能力も凄いです。この画像の撮影は雲が厚くなってきたので途中で止めました。マシなものを6カットだけ彗星中心でコンポジットしました。

Atlas (C/2019 Y4)

2020.03.25 23:18
CANON EOS Kiss X7i SEO-SP4 / EF 300mm F4L USM / F4.0 120Sx6 ISO1600 / ポラリエ / 山梨県北杜市

遠ざかりつつあるM81/M82とのコラボです。薄雲で星が滲んでしまいました。右が北になっています。f135mm程度だとポラリエの追尾はまったく問題ありません。今回はJILVAとポラリエの追尾性能の再評価になりました。早い話が極軸合わせを正確にできればどちらもかなり精度の高い追尾性能を持っているということになります。PoleMasterさまさまです。

Atlas (C/2019 Y4)

2020.03.25 21:29
CANON EOS Kiss X7i SEO-SP4 / EF 70-200mm F2.8L IS II USM / f135mm F5.6 120Sx15 ISO1600 / ポラリエ / 山梨県北杜市

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links