<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

太陽撮影・プチ改善

今日の太陽、小さいながらもたくさんの黒点が出現しています。相変わらず写りの方は??? 今回は白斑が良くわかるようにレベル調整してみました。これが最適なのかどうかイマイチ自信がありません。太陽は難しい..

2013.01.10 11:23 ED81S / EXTENDER EF1.4X / EOS 7D / ND-100000 / 1/1600s / iso200

以前自作したND-100000用のステップアップリング、あまりカッコ良くないので改善しました。本来の対物レンズキャップを77mmのフィルター径に合わせて丸くカット。樹脂製なのでカッターナイフで簡単に加工できます。そして使わなくなった77mm径ラバーフードのラバーを切り取った枠を、ND-100000と共締めしました(写真左)。使用しない時はレンズキャップをかぶせておきます(写真右)。これでNDフィルター一体型対物キャップの出来上がり。なかなかカッコいいでしょ。

太陽を撮る時、厄介なのは太陽そのものの導入です。ファインダーを直接覗くわけにはいきません。そこでファインダーにも一工夫。対物キャップに3cmの穴を空けます。こちらのキャップも樹脂製なので加工は容易です。そして昨年の金環日食の時に買った日食観察プレートを丸く切って、キャップの裏側に両面テープで貼り付けました。これでファインダーも太陽観測用フィルター付き対物キャップになりました。実際覗いても、かなり具合が良いです。ただし、このような使い方はNDフィルターも日食観察プレートもメーカーは推奨していません。決して真似をしないで下さい。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links