<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

JAXA 筑波宇宙センター

2回目の見学です。1回目は随分昔でいつだったか思い出せません。H-IIロケットとLE-7が展示されていたのを良く覚えています。帰宅してから昔の画像を検索してわかりました。15年前でした。この15年で日本の宇宙開発はめざましく進歩しました。展示はその進歩に沿った目新しいものばかりでした。展示館の「スペースドーム」では1時間ごとに説明者の方が解説してくれます。1まわり目は説明者と一緒に回り、JAXAの社員食堂で昼食後、2まわり目は一人でゆっくりと見学しました。気がついたら3時間いました。一般の人は1時間くらいで見終わると思います。

固体ロケットブースタ。

夏休みの自由研究の駆け込みで親子連れがいっぱい。このグループは見学ツアーの人たちです。

地球の大きさと衛星が回っている高さが実感できる。

技術試験衛星「きく7号」。ランデブー・ドッキングの実験を行った衛星。

後ろから顔を出して記念撮影できる。

1着、10億円て言ってたっけ。

お馴染み国際宇宙ステーション「ISS」の模型。

左「いぶき」、右「だいち」。

HTV「こうのとり」。でかい!

ペンシルロケット。日本のロケットの始まり。

ペンシルからH-IIB・イプシロンまで、日本の歴代ロケット。

H-IIA、H-IIB、イプシロン。

月の写真を撮りまくった「かぐや」。「こうのとり」を除いては一番でかい。センサー詰め込み過ぎ、自分は反対だったと説明員の方がぶつぶつ。私にぼやかれても..

昼食後、一人でもう一回り。

「きく8号」だっけ。

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」。ちょっとむずかしい。

陸域観測技術衛星「だいち」。これもかなりでかい。

ISSの日本実験棟「きぼう」の内部。

「しずく」。

全球降水観測計画(GPM計画)主衛星だって。

HTV「こうのとり」。

「こうのとり」内部。秀吉好み?

LE-5エンジン。

LE-7Aエンジン。

一世を風靡した初代「はやぶさ」。

そして「はやぶさ2」。

「スペースドーム」全景。

ここは「プラネットキューブ」の中。グッズ販売のショップ。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links