<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カノープスを長時間露出

カノープスが地平から現われて再び地平に沈むまで連続撮影しようと企みましたが見事に失敗しました。帰宅して画像を確認したら露出開始時刻にはすでに地平の上。それに露出から10数分後に少しカメラが動いていました。おまけに地平に沈む前にカメラの電池切れ。ちゃんとチェックしとけよ。壮大な企みのわりには準備不足の上に気合いが足りていなかったのは否めません。

2014.11.21 01:13-02:49
EOS 7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM / f15mm F3.5 120Sx47 ISO800 / 長野県南牧村

今回は2分露出して5秒休止のインターバルにしました。広角なので休止は5秒でも軌跡は繋がるかと思いましたが破線になってしまいました。この画像はちょうど南中の1カットです。

2014.11.21 02:01
EOS 7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM / f15mm F3.5 120S ISO800 / 長野県南牧村

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
おはようございます。
これ、私も一度はやってみたいと思っているのですよ。
でも思ってた以上に長時間なのだと分かりました。
南側がとても開けている場所ですね。
おはようございます。

良いロケーションですね。
自分も今シーズン撮影してみたいテーマです。
低空はいつも雲があることが多く、これだけ撮影できれば自分なら満足してしまいす。

 国師ヶ岳に登って富士山にアーチ状にかかるカノープスを撮るのが夢です。(自分には技術も装備も無いの無理ですが・・・)
やまねももんがさん
おはようございます。
カノープスが地平上にあるのは3時間くらいでしょうか。
この観測地からはちょうど真南に糸魚川静岡構造線の中心が見通せるので良く見えます。
  • 2014/11/25 09:55
  • | てらおよしのぶ |
よっし〜さん
国師ヶ岳へは大弛峠まで舗装道路が通っているので車で行けば比較的簡単ですね。駐車場からちょっと昇れば見晴台があります。ただしこの道、大雨ですぐに通行止めになりますし、これからは雪で通れなくなるかもしれません。
  • 2014/11/25 10:01
  • | てらおよしのぶ |
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links