<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

建国記念日のISS

今日は墓場ではありません。我が家から歩いて2〜3分の畑の真ん中に手頃なスペースを見つけました。周りは民家に囲まれていて、さすがにカノープスは無理ですが、上空はかなり見渡せます。これからお世話になりそうです。

飛行機の光跡2本がど真ん中にでかい顔して写っていますが、ISSはその下の淡い光跡です。昨日よりかなり西寄りの軌道を飛んでいるので低く暗く、距離は1200Kmあまりになります。中央左には左上から右下にかけて、5カットほど別の衛星が淡く写っています。久しぶりにEF 20mmを使ってみました。

2013.02.11 18:51-19:00
EOS 7D / EF 20mm F2.8 USM / 絞り開放 / 4s露出 3s休止 / iso400 / 82枚を比較明合成

今晩は昨晩以上に空が霞んでいました。中国からのPM2・5が疑われているようです。今の中国を見ていると高度成長期の日本を思い出します。工場の煙突からはばい煙は出し放題、自動車は排気ガスを撒き散らしながら走っていました。大気汚染は成長の証というような風潮がありました。おかげで日本中がスモッグに覆われました。国際的に問題にならなかったのは日本の東が太平洋だったからです。中国もこれから大気汚染に真剣に取り組まざるを得ないでしょう。いずれにしろ空が霞んできたのは春が近い兆しでもあります。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links