<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

小惑星2012 DA14(詳報)

まとめておきます。2月16日早朝、大きさ約45mの小惑星2012 DA14が地球から27,700Kmの至近距離を通過して行きました。地球の直径の2個分、静止衛星の軌道よりも内側です。前日にはロシアで推定17mの隕石が落下するという、タイムリー過ぎる事件がおきました。大きさが45mならば何とか事前に発見できるが、17mでは発見が不能。現在の科学水準が垣間見えた2日間でした。

今回の小惑星、最も明るくなっても7等くらい。撮り方を迷いました。明るいレンズを使えば固定撮影でも写ると思いましたが、やはりガイド撮影で星座の間を移動していく姿を捉えたいと思いました。それでナノ・トラッカー登場。しかし外で極軸合わせするほどの根性はなし。部屋の出窓に適当に北を向けて待ち構えました。

隣家の屋根を越えたところで捉えました。左下の赤いものはアンテナです。たった15秒の露出で長い軌跡が描かれます。しし座の後ろ足に沿って北上しました。

2013.02.16 04:49-05:00
EOS 7D / EF 70-200mm F2.8 L IS II USM / f102mm F2.8 / 15s露出 5s休止 / iso800 / nano.tracker / 35枚を比較明合成

しし座の後ろ足からお尻に移動してきました。ここでナノトラの電池が消耗していること気付きました。ドジ!

2013.02.16 05:07-05:10
EOS 7D / EF 70-200mm F2.8 L IS II USM / f102mm F2.8 / 15s露出 5s休止 / iso800 / nano.tracker / 9枚を比較明合成

あわてて電池交換して撮影続行。しし座からおおぐま座の後ろ足に入ろうとしています。

2013.02.16 05:14-05:20
EOS 7D / EF 70-200mm F2.8 L IS II USM / f102mm F2.8 / 15s露出 5s休止 / iso800 / nano.tracker / 21枚を比較明合成

おおぐま座に入ったところでスピードの速い人工衛星と交差。ありゃ、交換した電池も消耗してる。ドジ×2!

2013.02.16 05:23-05:24
EOS 7D / EF 70-200mm F2.8 L IS II USM / f102mm F2.8 / 15s露出 5s休止 / iso800 / nano.tracker / 5枚を比較明合成

軌跡の長さも短くなって遠ざかって行くのが分かります。気がついたら空が白々としてきました。

2013.02.16 05:26-05:30
EOS 7D / EF 70-200mm F2.8 L IS II USM / f102mm F2.8 / 15s露出 5s休止 / iso800 / nano.tracker / 14枚を比較明合成

画像を拡大してみると明るさが一定ではありません。かなり速い速度で回転しながら移動しているものと思われます。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   

全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links