<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ミラーレス撮り較べ

新旧ミラーレスで撮り較べをしてみました。いろいろ撮り較べたかったのですが、X-A5は予備電池がなく早々に切れてしまいました。一般撮影では長持ちする印象のX-A5ですが、天体用途では他のカメラと同様あまり持ちません。

とりあえず日周運動。単焦点のパンケーキレンズとキットのズームレンズという違いはありますが、撮影条件はほぼ同じです。比較明合成しただけで色合いや明暗の調整はしていません。多少の色合いは違うものの概ね同じような写り具合です。周辺部はX-A5の方が写りが良いように見えます。NEX-C3の方がピントが甘かったのかもしれません。

2018.04.09 22:21-23:14
SONY α NEX-C3 / E16mm F2.8 / F4.0 30Sx94 iso1600 / 長野県野辺山高原

2018.04.09 22:23-23:14
FUJIFILM X-A5 / XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ / f15mm F4.0 30Sx101 iso1600 / 長野県野辺山高原

連写するとどちらのカメラも最新の再生画像が液晶モニタに表示されます。その時の画像をスマホで撮りました。NEX-C3は実際に写った画像とあまり変わりません。ところがX-A5はとんでもない表示になります。なんとも色とりどりで、写った元画像とは似ても似つかない色合いです。最初見た時はびっくりしました。どうしてこんなことになるのでしょう。どうもX-A5は何かにつけてクセが強い印象を受けます。富士フィルムという会社のポリシーなのか実力なのか。このカメラとうまく付き合っていけるか不安を感じます。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。


全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links