<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CELESTRON SkyMaster 15x70

40年近く前に買った CELESTRON 11X80 の双眼鏡が、分解・組立を繰り返しているうちに具合が悪くなりました。今では左右の光軸がうまく合わず非常に見づらい状態に陥っています。それに左のプリズムの中に少し曇りがあり、分解掃除したら組立不能になるような気がしました。適当な双眼鏡はないものか。しばらく物色していました。

目に留まったのは CELESTRON SkyMaster 15x70 でした。口径70mmもあって1万円でお釣りがくるお値段に、指がポチるのを止めることができませんでした。注文の翌々日には到着。第1印象は軽っ、安っぽ。ただ安っぽいというのはけなしているわけではありません。この価格で作るにはこうなるだろうという意味です。

青っぽく写っていますが真っ黒です。本体はほとんど樹脂でできており、これが軽い要因にもなっています。まだ風景しか見ていませんが見え味はそこそこ、色収差は値段なりに発生しています。付属の三脚取付用アダプターは使いものになりません。樹脂製のため剛性がなく、ちょっと触っただけでぐらぐらします。別のものを調達する必要があります。しかし入門用そして貧乏人向けには必要十分な性能ではないでしょうか。

70mmと80mmを並べてみました。70mmは1,322g、80mmは2倍くらいあるでしょう。見掛けの視界は70mmが60度、80mmは50度。倍率が違うので実視界はそれぞれ4.4度と4.5度でほぼ同じになります。口径は10mmしか違わないのに、並べてみると数字以上に80mmは大きく感じます。

商品が届く間に80mmのプリズムの分解掃除を試してみました。組み立てられなかったら対物レンズだけ利用して遊べば良いと思ったからです。やってみると意外や簡単、曇りも綺麗になくなりました。そして再組立。なんと左右の光軸まで合い、すっかり元通りになりました。なんてこったい! 同じような性能の双眼鏡を2台揃えてどうすんねん。トホホは続く..

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。


全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links