<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

卓上ボール盤

とうとう買ってしまいました。ちょっと前からネットでは1万円を切る卓上ボール盤があることを知りました。いろいろ調べた結果、少し高くても信頼のおける日本製品が良いと思い、マキタの製品を選びました。それでも2万円でお釣りがきます。組立てはいたって簡単、1時間足らずで完了。バイスは別売です。

まず作ったのはドリル立て。ハンドドリルは持っていたので刃は一揃いあります。角材に穴を空け、ドリル径を書いてすぐに選べるようにしました。

目的は自分の空けたいところに穴を空けてネジを切ることです。練習として使っていないアリガタに1/4インチのネジ穴を切ってみました。30数年ぶりのタップです。学生の時は実習や望遠鏡の自作で何回となくやった作業です。若い時に身につけた技能は身体が忘れていませんでした。難なくネジ切り完了。

そして雲台に取り付け。おお、ぴったり。厳密に言えばカメラのネジはユニファイネジという規格です。使用したタップはウィットネジです。ピッチは同じですがネジ山の角度が少し違います。この精度の工作ではあまり関係ないようです。

ドリルの回転に少し偏心がありますが、価格を考えれば十分過ぎる品質ではないでしょうか。これが2万円弱とは改めてデフレを実感します。利益は出るのか心配にさえなってきます。重さは20Kgもあるため持ち運びには向きません。とりあえず部屋のインテリアになっています。もっと早く買っておけば良かったと悔やまれます。

 読み終わったらクリックよろしくお願いします。


全記事インデックス

彗星アーカイブ

profile

Visitors:
t: y:
( since 2012.12.29 )

latest entries

categories

recent comment

search this site.


archives

Links